取り組んでいくこと
 
  全国の児童心理治療施設のなかで
 

 児童心理治療施設の働きについては、全国児童心理治療施設協議会のホームページをご覧ください。

 
 「かなで」は全国で43番目の児童心理治療施設となります。
 上記ホームページの「全国の情短施設」にある『かなで』の写真は、
建物をバックにして、今年度4月採用職員の集合写真となっています。
クリックして雰囲気を感じてみてください。
  
 
  横浜いずみ学園での実践をベースにして
 
 横浜市戸塚区にある「横浜いずみ学園」は、昭和63年9月に全国13番目に開設された当法人の児童心理治療施設です。「かなで」は「横浜いずみ学園」で培われてきた総合環境療法の実践をベースとしながら、新たなユニットケアへの取り組みを進めています。
 『横浜いずみ学園』のご案内http://homepage3.nifty.com/yokohamaizumigakuen/
  
 
  「かなで」での新たな取り組み
 

  横浜いずみ学園が「大舎」での生活であるのに対して、かなでは「ユニット制」の生活形態をとります。また、全国でも初めての幼児ユニットの開設に、今後取り組んでいく予定をしています。

 生活の安定を考えるなかでは、段階を踏んで一歩ずつ階段を上がるような慎重さが必要となるでしょう。