「横浜博萌会」とは
 
 初代理事長の瀬尾勲医師が、1969年(昭和44年)に神奈川県が公募した「21世紀プラン」に、これからの社会家庭像を予見し、”福祉・医療の未来”を織り込んだ構想を提案し、この構想実現の第一歩として、1987年(昭和62年)、「社会福祉法人横浜博萌会」・「医療法人横浜博萌会」が設立されました。
 
      法人定款             PDFファイルはこちら 
 
      社会福祉法人現況報告書  PDFファイルはこちら
 
      平成27年度役員           PDFファイルはこちら
 
  「横浜博萌会」の沿革
 
    第Ⅰ期(草創期)
 
  昭和62年 3月   社会福祉法人 横浜博萌会 設立
               初代理事長: 瀬尾 勲(精神科医)
 
  昭和63年 9月   情緒障がい児短期治療施設「横浜いずみ学園」 開設
               初代園長: 秋吉澄子(ソーシャルワーカー)
 
  平成 2年 6月   医療法人横浜博萌会 横浜いずみ学園診療所 開設
 
  平成 2年10月   横浜いずみ学園教育棟 竣工 (体育館・4教室)
 
  平成 7年12月   高齢者福祉センター設立準備室 (準備室長:山口修)
 
  平成 8年 3月   初代常務理事 菅原康夫 急逝
              第2代常務理事 疋田憲明 就任
 
  平成 8年 8月   横浜いずみ学園 第2代園長 四方燿子(セラピスト) 就任
 
 
    第Ⅱ期(成長期)
 
  平成 9年 5月   高齢者福祉センター 開設
              初代センター長: 山口 修(ソーシャルワーカー)
 
  平成11年10月   横浜いずみ学園 第3代園長 髙瀬利男(精神科医) 就任
 
  平成12年10月   横浜いずみ学園通所部を開設 (定員15名)
 
 
    第Ⅲ期(拡張期)
 
  平成14年 4月    子どもの虹情報研修センター 開設
              初代センター長: 小林 登(小児科医)
 
  平成16年 4月    横浜いずみ学園現在地に新築移転 (小学校併設)
 
  平成17年 4月    小規模グループケア「いずみホーム」 開設 (定員56名へ)
 
  平成17年 6月    社会福祉法人横浜博萌会 第2代理事長 山口修 就任
 
  平成19年 4月    社会福祉法人横浜博萌会 第3代理事長 髙瀬利男 就任
              横浜いずみ学園 第4代園長 髙田 治(セラピスト) 就任
 
 
    第Ⅳ期(安定期)
 
  平成22年 4月  子どもの虹情報研修センター 第2代センター長 小林美智子 就任
 
  平成25年 4月  高齢者福祉センター 第2代センター長 神林攻一 就任
 
  平成27年 4月  子どもの虹情報研修センター 第3代センター長 川崎二三彦 就任
 
  平成27年10月   横浜いずみ学園 第5代園長 井上 真(セラピスト) 就任
              情緒障がい児短期治療施設 「川崎こども心理ケアセンター かなで」 開設
              初代施設長: 高田 治(セラピスト)